スポンサーリンク

【使うのは最初だけ?】結局使わなくなったコーヒー器具の紹介

コーヒー

こんにちは

皆さんはどれくらいコーヒー器具を持ってますか?

僕はこれまでに、たくさんのコーヒー器具に興味を持ちたくさんのコーヒー器具を買ってきました

そこで

実際に僕が買ったコーヒー器具で、結局使わなくなってしまった器具たちを、理由付きで解説しながら紹介してみました。

くまぶろぐ
くまぶろぐ

皆さんの家にも、買ったものの数回使って出番なしのホコリを被ってる器具はありませんか?

スポンサーリンク

買ったものの使わなくなったコーヒー器具たち

はじめに

今からご紹介する器具たちは、あくまで僕が使わなくなった器具です。

勿論ご紹介した器具を毎日使われてる方もいますし、器具自体の批判ではありません。

一個人の意見として読んでいただけると幸いです。

コーヒーに興味を持ち、色々と勉強していくと、様々な情報が好奇心を刺激しますよね。

僕も最初は、見たこともない抽出器具だったり、おしゃれな器具などと日々目を輝かせて見ていました。

そうするとつい色々なものをポチってしまうんですよね笑

そうして、好奇心でポチったものの使ったのは最初だけという器具は少なくありません。

そういった器具たちをご紹介します。

結局使わなくなってしまった器具たち

  • ドリップスタンド
  • 水出しアイスコーヒーメーカー
  • モカポット
  • ビーンズスプーン

ドリップスタンド

まず、買った理由は見た目がおしゃれになるからです。

ドリップスタンドってなんか惹かれるんですよね…

ドリッパーから落ちるコーヒーが間で見れるのは確かに面白いし、おしゃれではありますが、正直わざわざ持ってきてセットするのも面倒くさいし必要性を感じませんでした。

最初は、抽出されたコーヒーの量だけを量るために使っていました。

抽出されたコーヒーの量とは、ドリッパーを通過してコーヒーとして出てきた液量です。

ですが、カフェやネットの記事などを見るとドリッパーに注いだ湯量を量ってることが多く、レシピなども注いだお湯の量で紹介されていることが多い気がします。

以上の理由で僕はドリップスタンドを使わなくなりました。

勿論ドリップスタンドを真っ向から否定するつもりもありませんし、ドリップスタンドを使って美味しいコーヒーを提供してるカフェもたくさんあります。

水出しアイスコーヒーメーカー

夏に飲みたくなる水出しアイスコーヒー

スッキリとした味わいが最高に美味しいですよね

コールドブリューコーヒーという呼び名もあります。

そんな水出しアイスコーヒーを自宅でも作れる「水出しアイスコーヒーメーカー」がAmazonなどで売ってますよね。

僕も自宅で美味しい水出しアイスコーヒーが飲みたくて、器具を買ったことがあります。

それがこちらです。

見た目もなんか変わっていて面白いですよね。

値段もそんなに高くなく、面白い形をしてることと、好奇心が合わさり買いました。

商品は凄く良く出来ています

使い方は

真ん中の部分に、引いたコーヒー豆を詰めて、上の部分に水を淹れると、点滴のように水がゆっくりと落ちて水出しアイスコーヒーが抽出される仕組みです。

そして、抽出された水出しアイスコーヒーは美味しいです。

ではなぜ使わなくなったのか

それは、準備と片づけが大変だからです。

面倒くさがりの僕には少々向かないコーヒー器具でした。

特にコーヒー豆を詰める作業が意外と大変で、毎回10分くらいかかってたと思います。

使い方が悪いと言われれば、それまでなのですが結局僕はポッド式の水出しアイスコーヒーメーカーを使うようになりました。

これだと、フィルター部分に挽いたコーヒー豆を詰めて水の入ったポットに突っ込めばいいだけなので、面倒くさがりの方にはすごくおすすめです

モカポット

本場イタリアで愛されてるコーヒー器具です。

エスプレッソマシンほどではないけれど、濃いコーヒーを抽出することが出来ます

ストレートで飲むのはきついので、お湯やミルクで割って飲んでいました。

濃いコーヒーがお好きな方は使ってる方もいると思いますが、僕はあまり好みの味ではなかったので結局使わなくなってしまいました。

それと、家に家庭用のエスプレッソマシンがあるので、ラテやアメリカーノを作る時はそっちでエスプレッソを抽出してます。

ビーンズスプーン

ビーンズスプーンは、コーヒー豆を量る時などに使うスプーンのことです。

これも最近までは使っていました。

ですが最近、キントーの瓶型のキャニスターに変えたので、瓶から直接量りに移すようになり使わなくなりました。

こちらは見た目がおしゃれでおすすめです。

ただ、透明なので長い期間かけてコーヒーを飲む方は、光も遮断できるキャニスターのほうが劣化が遅くコーヒー豆が長持ちします

ちなみにコーヒー豆の保存方法についてまとめた記事を過去に出してるのでぜひ御覧ください。

豆を量るときに使うのにおすすめのコップも載せておきます

今は、瓶からカラカラとコップに直接入れてるので使わなくなりました。

まとめ

ほぼ個人の意見で書いた記事ではありますが、自分も同じ理由で使わなくなりそうなど思った方の参考になれば幸いです。

また、再度いいますが商品の品質自体を批判してるわけではありません。

逆にこの記事をみて、知らなかった器具を知る機会になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました