スポンサーリンク

【リモートワークにおすすめ】美味しいをコーヒー手軽に楽しむ方法

コーヒー

こんにちは

緊急事態宣言が発令してリモートワークにシフトした方も多いと思います

会社に出社していた時は、コンビニやマクドナルド、近くのカフェでコーヒーを買っていた方が多いのではないのでしょうか?

もしくは自販機や会社にコーヒーマシンが置いてあったという方もいますかね。

でも、いざテレワークやリモートワークになって自宅で仕事をするようになると、コーヒーのためにコンビニや近くの自販機に買いに行くのは少々面倒くさいのですよね

ということで、自宅でも手軽に美味しいコーヒーを楽しむためのコーヒー器具等をご紹介してみました

こんな方の読んでほしい

  • 自宅で簡単に美味しいコーヒーが飲みたい
  • なるべく低コストで美味しいコーヒーを楽しみたい
  • 手軽なコーヒー器具が知りたい
スポンサーリンク

自宅で簡単に美味しいコーヒーを楽しむ方法

自宅で簡単に美味しいコーヒーが楽しめるお手軽コーヒー器具

何を始めるにしても最初は『簡単』や『手軽』な物から始めたいですよね。

ということで、コーヒーを淹れる器具の中で一番簡単かつ手軽であろう器具をご紹介します。

それは

フレンチプレス

です。

聞いたことある方も少なくないと思います。

コーヒーを淹れる方法として最もメジャーで、多く知られているのはハンドドリップだと思います。

この『フレンチプレス』はハンドドリップの次くらいに知ってる方が多いのではないでしょうか?

こういったポットのような形をした器具です。

ガラスでできた商品もありますが、正直おすすめしません。

理由は割ってしまうからです。

どんなに気をつけて使っていても、気づいたら割れていることが多々あります

ガラス製でも金属製でも性能に変わりはないので、もしガラスへのこだわりが無いのであれば、金属製のほうが良いと思います。

こんな方におすすめ

  • ハンドドリップは敷居が高いと思ってる
  • なるべくお金をかけたくない
  • 時間や手間がかからないものが良い
  • ただし多少のデメリットも有り

フレンチプレスの使い方

フレンチプレスの使い方は、凄くシンプルです。

他の抽出器具と違って、器具単体で完結してしまうからです

1つ注意点として、コーヒー豆の挽目ひきめは粗挽きのものを用意してください

お店で挽いてもらう場合はフレンチプレス用と伝えれば大丈夫です。

1.フレンチプレス本体に挽いたコーヒー豆を入れる
ポイント

事前にフレンチプレスにお湯を通して温めると、コーヒーの温度が下がりにくくなります。

特に冬は先に器具を温めておくとコーヒーの温度を保てるのでおすすめです

コーヒーの粉の量は、フレンチプレスのサイズに合わせて入れます。

画像のようにスタンダードな大きさの物だと、大体10g〜15g(お好みで)のコーヒー豆を使います。

濃い目が好きな方は多めがおすすめ

2.粉の入ったフレンチプレスにお湯を注ぐ

画像では先の細いケトルを使用していますが、ケトルを用意する必要はありません

ヤカンでも大丈夫です

注ぐお湯の量は140cc前後で、こちらも多少お好みで変えて大丈夫です。

フレンチプレスによっては、内側にお湯の量の目安が書いてあるものもあります。

お湯の温度は90度くらいがベストですが、温度計を持っていない場合は、沸騰したお湯でフレンチプレスを温め、そのお湯をケトルに戻すといい温度になります

ポイント

お湯を注ぐ時は、勢い良く注いでコーヒーの粉を対流させる

3.シャフト(蓋)をかぶせて4分まつ

付属のシャトル(蓋)をかぶせて4分間待ちます。

注意

この時点では、プレスの部分を押し込まないように

4.時間が来たらプレス部分を押し込む

プレス部分を下まで押し込んで抽出完了です。

注意

あまり勢いよくプレスを押してしまうと、コーヒーの粉がコーヒーに混ざってしまいます。

4.あとはマグカップに注ぐだけです。

プレスしたあと、いつも使っているマグカップに注いであとは美味しいコーヒーを楽しんでください。

ポイント

マグカップも予め湯通しして温めておくと、より温かいコーヒーが楽しめます。

冬に温かいコーヒーをゆっくりと楽しみたい時は保温カップがおすすめです。

僕はTHERMOSの保温カップを使ってます。

バーベキューやアウトドアにも使えるのでおすすめ

フレンチプレスの特徴や注意点まとめ

コーヒーを簡単に淹れられる

粉を入れてお湯を注いで4分待つだけ

という手軽さなので、コーヒー初心者の方でも手を出しやすいのではないかと思います。

抽出に技術が必要ない

ハンドドリップのように、特に抽出技術が味を左右するものではないので、ハンドドリップに自信の無い方でも比較的安心して使えると思います。

フィルターが金属なのでコーヒーの特徴がより感じられる

フレンチプレスは金属製の細かいメッシュでコーヒーの粉を分離させています。

そのためペーパーフィルタでコーヒーを淹れるのとは違い、コーヒー豆の油分も抽出出来るため、ペーパーフィルターのコーヒーに比べて口当たりがまろやかで、よりそのコーヒー豆の特徴を引き出すことが出来ます

コーヒーの粉感が少し出てしまう

先程の『フィルターが金属なのでコーヒーの特徴がより感じられる

デメリット部分です

金属のフィルターを使っているので、ペーパーフィルターとは違い、コーヒー豆の細かい微粉も、抽出されたコーヒーに混ざってしまいます。

なので、少しザラザラとした感じが舌で感じられます

そういった粉感が好きでない方はおすすめしません

以上がフレンチプレスのご紹介でした。

初心者でも手が出しやすく、手軽ながらも粉感が出てしまうというデメリットもあります。

それらを踏まえて検討してみてください。

マシンを使って定期購入するという選択肢

僕は使ったことが無いのでレビューではないのですが、今はカプセル型のコーヒーマシンも結構美味しいということを聞いたりします。

前にコストコでカプセルコーヒーの試飲を配ってるのをもらったことがありますが、思いの外美味しかったのを覚えてます。

ネスカフェだとマシン代が無料でカプセルを定期購入するパターンもあるみたいですね。

毎回カプセルを買い足さなくて良いのは面倒くさがりの僕にはあってる気がします。

【ネスレ日本公式】

本当に手軽にコーヒーを楽しみたいという方は、こういうマシンを試してみるのもいいと思います。

今はコーヒー豆も結構高いですからね。

コーヒー豆定期便も記事にしてます。

気になる方はぜひ

まとめ

今回は、最も手軽にコーヒーを楽しめるコーヒー器具や方法についてまとめてみました。

ハンドドリップには手が出せなかった方など、おうちで美味しいコーヒーを楽しめるいいきっかけになってくれればと思います。

また、前にハンドドリップを始めるために必要な器具をまとめた記事も書いているのでそちらも合わせて読んでみてください。

これからもこういったコーヒーに関する役立つ記事を書いていくのでぜひよろしくおねがいします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました