スポンサーリンク

【失敗談あり】家庭用エスプレッソマシンを買うときの注意点とおすすめ

コーヒー

こんにちは

コーヒーにハマるとお家でエスプレッソを楽しみたいと思うことありませんか?

僕は家でカフェラテを飲みたくて、家庭用のエスプレッソマシンを買ったことがあります。

買ったマシンは『Rancilio Silvia』というマシン。

2016年に個人輸入して買いました。

当時は1ドル110円くらい、送料などいろいろ込みで8万円くらいで買えたと思います。

ですが今となっては少し失敗したなと思いました

その理由とおすすめのマシン買い方を説明します。

この記事でわかること

スポンサーリンク

エスプレッソマシン選びの失敗談

まず僕が実際にエスプレッソマシンを買って後悔したことを紹介します。

僕の買ったマシンは、『Rancilio Silvia』という家庭用のエスプレッソマシンなのですが、シングルボイラーといってボイラーが1つしか搭載されてないマシンです。

Rancilio Silvia

お店で使ってるエスプレッソマシンは基本ダブルボイラーと言ってボイラーが2つはいっています。

みなさん
みなさん

ダブルボイラーとシングルボイラー何が違うの?

シングルボイラーは、基本的にエスプレッソの抽出とミルクのスチームを同時に行えません

なので、エスプレッソを抽出してからスチームのモードに切り替えて、ボイラーの状態が切り替わるのを待っていなければなりません

これが意外に長いんです・・・

2分以上かかってしまいます。

エスプレッソは寿命が短いので、2分待ってミルクをスチームし終わる頃にはクレマが無くなってしまってることが多いんです

そうするとエスプレッソの香りもかなり飛んでしまいますし、ラテアートもできません

僕はラテアートも楽しみたかったので、シングルボイラーのマシンではなくダブルボイラーのマシンにしておけばよかったと後悔してます。

なので、もし家庭用のエスプレッソマシンを買おうか迷ってる方はぜひその辺も検討することをおすすめします。

最低限揃えなければならないもの

家でエスプレッソマシンを使うためにはエスプレッソマシンだけでは使えません。

エスプレッソマシンでエスプレッソを抽出するためには専用のミル(豆を挽く機械)が必要です

エスプレッソに使うコーヒーがかなり細挽きだからです。

こんな感じの機械

これは、ドリップとかに使うグラインダーでは基本的に無理な挽き具合なので専用のミルを買わないとまともに使えないということです。

僕も最初は専用のミルを買わずに使っていたのですが、まともにエスプレッソを抽出することができませんでした。

しかも物にもよりますが6万〜10万円くらいするので、なかなかお金がかかります。

他にも必須ではないですが、『タンパー』、『ショットグラス』、『ミルクピッチャー』も揃えておいたほうが快適に使うことができます。

タンパー

エスプレッソを抽出する時に、コーヒーの粉に圧力をかける為の道具です。

エスプレッソマシンを買うとついてきますが、付属の物はプラスチックで結構しょぼいのでちゃんとした金属の物を買うのがおすすめです。

ショットグラス

抽出したエスプレッソを受け取るために使うのですが、マグカップに直接落としても大丈夫です。

ただ、意外と欲しい時が出てくると思うので持っておいたほうがいいと思います。

おすすめはこちら

メモリがあるので抽出量のコントロールが出来るのと、注ぎ口があるのでアイスラテなど作る時にこぼすことなくグラスに注げます。

ミルクピッチャー

牛乳をスチームする時には必須です。

カフェラテを飲みたい場合は持っておかないと作れません。

種類は色々あるので自分に合うピッチャーを見つけるとラテアートの練習も捗ると思います。

おすすめのマシン

特に理由がない限りダブルボイラーのマシンがおすすめです。

ダブルボイラーで人気のあるマシンは以下

  • Simonelli OSCAR ll
  • LA MARZOCCO Linea mini

コメントでご指摘頂きました。

Simonelli OSCAR llダブルボイラーではなく、『ヒートエクスチェンジボイラー』と言ってボイラー自体は1つしか搭載していないのですが、『ヒートエクスチェンジャー』という装置を使ってスチームとエスプレッソの抽出を同時に行うことが出来るよう設計してある物になります。

何杯も連続で抽出する能力はありませんが、家庭で使う分には十分な性能です。

Simonelli OSCAR ll

Simonelli』というイタリアの老舗メーカーが出してる家庭用エスプレッソマシンです。

サイゼリアにこのメーカーの業務用マシンが置いてあるのを見たことあります。

エスプレッソの抽出量を各ボタンに設定できて、設定した量で毎回抽出されるので初心者の方にも扱いやすいマシンです。

また、価格も家庭用のエスプレッソマシンにしてはお手頃なので、入門機としてもおすすめです。

LA MARZOCCO Linea mini

LA MARZOCCO』といかなり有名なメーカーです。

カフェに行くと大体マルゾッコのマシンを使ってる気がします。

それくらい有名で、信頼のあるメーカーのマシンなので品質や使い勝手は文句なしのマシンです。

このマシンをお店で使ってる所もある位なので、それくらいパワーのあるマシンで値段もそれなりに高いです。

おそらく家庭用のマシンで最高峰のマシンです。

おすすめの通販サイト

日本で買うことはおすすめしません

理由は単純に高く付くからです。

エスプレッソマシンのほとんどは海外のメーカーで、日本で買おうと思うと輸入の代理店を通して買わなくてはならないのでどうしても高くなってしまいます

例えば、『LA MARZOCCO Linea mini』を日本で買おうと思うと大体80〜100万円位かかってしまいます。

しかし、海外から個人輸入して買うと60万円位で買うことができます。

もちろん為替があるので、タイミングによってはこれより安くなったり高くなったりしますが。

出店:CHRIS COFFEE

エスプレッソマシンを個人輸入してる方の話でよく出るのはこちらのサイトです。

CHRIS COFFEE

買うときは英語で入力しなければいけないのですが、エスプレッソマシンを安く買うときは個人で輸入しましょう

ちなみに僕が個人輸入でエスプレッソマシンを買わせてもらった『spags espresso』というサイトは無くなってしまいました…

その他家でエスプレッソを楽しむ方法

みなさん
みなさん

エスプレッソは飲みたいけどエスプレッソマシンは手が出せない

こういう方も多いと思います。

スチームは出来なくてもアイスラテとかアメリカーノを家で飲みたいという方は、エスプレッソさえ抽出できれば作れるので、本格的なマシンを買わなくても大丈夫です。

有名で昔から沢山の人に使われてる器具で言えば、『モカポット』『マキネッタ』と言われる器具があります。

見たことある方も多いのではないでしょうか。

イタリアで定番のコーヒー器具で、直火にかけて抽出する器具です。

確かに濃いコーヒーは抽出出来ますが、圧力はあまりかからないのでクレマは出来ません

クレマとは

クレマはエスプレッソの上の部分にできる泡のことです。

圧力をかけた抽出をするとできる層です。主にエスプレッソの香りを閉じ込める役割をしています。

モカポットを少し改良して圧力がかかるようにした商品も出てます。

これだとクレマができやすいみたいです。

本当に圧力のかかった本格的なエスプレッソが楽しみたい方はこちらがおすすめ

少し力が必要ですが、自分で押して加圧してエスプレッソを抽出できるので、ちゃんとクレマのある濃厚なエスプレッソが作れます。

究極の面倒くさがりの方はカプセル式の物がいいと思います。

カプセルコーヒーは飲まず嫌いしてましたが、コストコで試飲をもらった時に意外と美味しかったです。

あそこまで手軽に抽出出来て、あのクオリティーだったらありだと思います

ただ、カプセルを定期的に買わないといけないのが少し面倒くさいですよね。

マシンは無料でレンタルしてカプセルを定期的に送ってもらうこともできるみたいです。

ネスカフェ ドルチェ グスト【ネスレ日本公式】

手軽さ優先でカプセルでも十分という方はおすすめです。

まとめ

エスプレッソマシンを自宅で使おうと思うと、揃える物も多く場所も取ってしまうので意外と大変です。

それに、定期的に手入れもしなくてはなりません。

もし、家庭用のエスプレッソマシンを買おうと思ってる方の参考になれば幸いに思います。

ここに書いたこと以外でなにか質問があればコメント下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. p3 より:

    オスカー2はダブルボイラーではなく、シングルボイラーのHX機でしょう。

    • くまぶろぐ くまぶろぐ より:

      コメント、ご指摘ありがとうございます。
      確認したらダブルボイラーではなかったです。
      記事を訂正しておきます。
      改めてご指摘ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました