スポンサーリンク

【ミニ三脚はこれ一択】LeofotoMT-03 どんな場所でもあ安定する最強のミニ三脚をレビュー

ガジェット

こんにちは

皆さんカメラのミニ三脚は持ってますか?

今回僕は『LeofotoMT-03 LH-25』という三脚を購入しました。

実際に触ってみて感じたことや、どのような三脚なのかご紹介します。

こんな記事です

スポンサーリンク

LeofotoMT-03 LH-25の紹介

僕の購入したモデルは、三脚部分と自由雲台がセットになった物を購入しました。

別々でも購入できるのですが、この自由雲台がかなり優秀なので一緒に購入しました。

三脚部分が『MT-03』雲台部分が『LH-25』という型番です。

付属品は

  • 三脚(MT-03
  • 雲台(LH-25
  • 持ち運びケース
  • 六角レンチ

雲台部分は回転するようになっていますが、ぶっちゃけボールの部分も回転できるので使わないです。

三脚は一番小さい状態でこんな感じ

足は更に長くすることができます。

ここの開き具合は無段階に調整できて、それなりに曲げが硬く出来てるので結構安定します。

完全に開くとこんな感じ

この銀色の部分を下に押し下げながら足を開くと3段階に開き具合を調整できます。

1段階目

2段階目

3段階目

ローアングルで安定した撮影ができます。

2個めの関節は無段階で調整できるので、凹凸のある場所でもこんな可感じで三脚を建てることができます

三脚、雲台共に結構重量感のある質感でかなり頑丈な作りになっています

それぞれの重さ

三脚部分(MT-03)は16.21g

自由雲台部分(LH-25)は18.16g

合計34.37g

しっかりした作りで、持った感じも結構ずっしりしてるのでミニ三脚にしては重いという印象です。

ただ、カバンなどに入れて持ち歩く分には全然気になりません。

僕の場合はこれにUlanziのクイックシューを付けてるので、もうちょっと重たくなってます。

実際に使ってみた感想

結論から言いますと

重たいカメラを使ってる方はおすすめです。

実はこのミニ三脚を買う前にUlanziのミニ三脚を買いました

評価もいいし、製品自体もかなりいいのですがやはり耐荷重を超えると使い物にならないです

あたり前なんですけどね笑

フルサイズのカメラにそこそこのレンズを付けると1kgを普通に超えてしまうんですよね

僕の場合『a7C』に『TAMRON 28-75mm』のレンズを付けてるので重さが約1kgあります。

そうするとUlanziのミニ三脚ではバランスが取れないのと、ボール雲台が重さに負けてしまいます

その点『Leofoto MT-03 + LH-25』は足の開く範囲が広いので、重いカメラでもしっかり安定しますし、ボール雲台の固定力が桁違いです。

少し締めただけでもガッチリと固定してくれます。

なので、フルサイズのカメラ長いレンズを付けてる方には『Leofoto MT-03 + LH-25』のミニ三脚をおすすめします。

Leofoto MT-03 + LH-25』を使った作例

シャッタースピードを遅くして撮ってもこんな感じでしっかりブレずに写真が撮れます

コンパクトなので常に持ち歩きにもとても便利でお気に入りです。

少し高いですが、コンパクトでしっかりとした固定力の有る三脚を探してる方はこれ1択だと思います。

メリット・デメリット

    メリット
  • 安定性が抜群
  • 色々な地形に対応できる
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • デメリット
  • お値段お高め
  • ミニ三脚にしては重い

ぶっちゃけデメリットは強いて言うならというところです。

価格に見合った品質ですし、重いカメラを支えるのであれば三脚自体にそれなりの重量感があったほうが安心です。

もしフルサイズの重たいカメラをお使いの方は、本当におすすめする三脚です。

ぜひ使ってみてください。

まとめ

いやー

ミニ三脚にしては確かに手を出しづらい価格ですよね…

僕もかなりYou Tubeのレビューなど見漁って悩みに悩んだ挙げ句購入しました。

結果は大満足です。

胸を張っておすすめできるミニ三脚!

カメラのミニ三脚を探してる方、『Leofoto MT-03 + LH-25』を買おうか悩んでる方の参考になれば幸いです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

今回紹介した商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました