スポンサーリンク

【理由も解説】長く楽しむ為のコーヒー豆保存方法解説

コーヒー

こんにちは

皆さんコーヒー豆をどういう状態で保存していますか?

買ったままの袋で保存してる方が多いのではないでしょうか。

例えクリップで封をしていても、買ったままの袋では鮮度を保てません…

ほぼ毎日コーヒーを淹れている僕が、コーヒー豆の保存方法についてまとめました。

本記事では、こんなことについて書きました。

  • コーヒー豆の劣化の原因
  • コーヒー豆のおすすめ保存方法
スポンサーリンク

コーヒー豆が劣化する原因

コーヒー豆が劣化する原因は大きく分けて4つです。

基本的に2週間で飲みきれない場合は、しっかりとした保存方法で管理することが大切と言われています。

そして、コーヒー豆は挽いてある状態より、豆のままの状態の方が圧倒的に長持ちします。

その辺を踏まえて解説していきます。

酸素による酸化

コーヒー豆には、油分が含まれています。

深煎のコーヒー豆を見ると、表面がテカテカしていて油がにじみ出てるのが分かると思います。

その油分が、空気に触れることによって、酸化して雑味に変わってしまいます

時間の経ったコーヒー豆を飲んだことはありますか?

香りも飛んでいて味気なく、変な苦味が口に残りますよね…

とても飲めたものではありません。

そんな事にならないよう、コーヒー豆はしっかり密閉して酸素に触れないよう保管することが大切です。

密閉することで、酸化を防ぎ、コーヒーの香りが飛んでしまうのを防ぐことが出来ます。

温度による劣化

温度が高いと、油が酸化する速度を早めてしまいます

コーヒー豆の味が落ちる主な原因は、香りの損失と油の酸化です。

ですので、できるだけ温度の低い場所に保存しておくのがベストです。

ただし

冷凍庫や冷蔵庫にコーヒー豆を保存する場合は注意が必要です。

理由は、容器によっては結露して、その水分がコーヒー豆に悪影響を与えてしまうことと、周りの匂いが移ってしまうからです。

コーヒー豆には消臭効果があるのはご存知ですか?

そう、コーヒー豆は周囲の匂いを吸収するのです。

逆に言えば、コーヒー豆の近くに匂いの強いものを置いておくと、匂いが移ってしまい、せっかくのいい香りが阻害されてしまいます

キムチの香りがするコーヒーなんて飲みたくないですよね?

なので、冷蔵庫で保管する場合は必ず密閉容器に保管しましょう

よほど暑い場所に住んでいない限り、室温でもそこまで酸化を早めることは無いと思うので、冷蔵庫や冷凍庫に保管するのが難しければ、室内のなるべく涼しい場所に置けば大丈夫でしょう。

光による劣化

光もコーヒー豆の酸化をすすめる原因です

特に直射日光は、温度も上がるので更に劣化が進んでしまいます

蛍光灯の光でも劣化が進むので、注意してください

ただ、他の要因よりは影響が少ないです。

すぐに飲みきってしまう場合にはそこまで気にする必要はないかと思います。

湿気による劣化

湿気は、鉄をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

鉄は湿気でサビびますよね?

サビというのは鉄が酸化した状態です。

それと同じで、コーヒー豆も水分や湿気により油分の酸化が進みます

梅雨なんかは特に気をつけなければですね。

まとめると
  • 酸素に触れさせないよう密閉する
  • 温度の低いところに置く
  • 光が当たらないようにする遮光する
  • 湿気を避けるように密閉する

いろいろな劣化の原因をまとめましたが、一番コーヒー豆の鮮度を落とすのは挽くことです

コーヒー豆は、挽いた瞬間からものすごい速さで劣化していきます

冬に活躍するホッカイロが、なぜ袋から取り出すと暖かくなるか。

それは、中の鉄粉がすごいスピードで酸化していくからですよね。

表面積が増えれば増えるほど酸化のスピードは早くなるので、美味しいコーヒーを長く楽しみたいのであれば、豆のまま保管することを強くおすすめします。

おすすめの保管方法

おすすめの保存方法は、ズバリ

キャニスターです!!

コーヒーを保存する目的で作られているので、もちろん気密性も高いですし、光も遮断してくれます。

ただ、温度は流石に自分で管理するしか無いので、そこは置き場所を工夫してください

僕は基本、全条件をカバー出来るように、中身の見えないタイプを使っています。

ただ

透明で中身が見えたほうがおしゃれなんですよね〜笑

もし、1週間〜2週間程度で飲みきってしまう場合は透明のガラスで出来たキャニスターでも、十分鮮度を保ってくれると思います。

やっぱり、見た目は大事ですよね。

光も遮断してくれるキャニスターか、中身が見えておしゃれなキャニスターどちらにするかは好みだと思います。

あまり飲まない方は中身の見えないキャニスターに保管して、消費の早い方はガラスの透明なキャニスターに入れるなど、両方を使い分けるのもいいと思います。

まとめ

どうでしょうか

しっかりと鮮度の保てる状態でコーヒーを保存できていたでしょうか?

コーヒー豆は腐りませんが、鮮度が重要なものです。

4つの劣化の原因を防ぐことが大切です。

密閉容器に入れて、酸素や湿気に触れるのを防ぎ、温度の高くなく光が当たらない場所に保管する

そして、鮮度を一番落とすのが、挽いた状態で保管することです。

美味しいコーヒーを長く楽しみたい場合は豆のまま保管してください。

最低でもそれだけは避けていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] 【間違えてませんか?】コーヒー豆の保存方法解説こんにちは皆さんコーヒー豆をどういう状態で保存していますか?買ったままの袋で保存してる方が多いのではないでしょうか。例え […]

タイトルとURLをコピーしました